2011.02.01 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク | - | | - | -

CLIMBERZHIGH

2011.01.31 Monday

雪国

 遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年は寒いねぇ!!
浜松も最近は見たことがないぐらい雪が積もって、交通が完全に麻痺状態になったりして大変だったよなぁ…

そんな中、更に寒い雪国長野に諸用で行ってきたよ。
幼なじみで、音楽仲間でもあるDREXのたくみちゃんと。

とりあえずこいつがおもしろい!
バカすぎる!
やるときはやるし、真面目な時は真面目なんだけど、ベースがアホすぎるわ。
笑いすぎて筋肉痛っていうのはこいつといるとよくある話。

2月は毎日のように顔を合わせることになると思うので、腹筋が見事に割れるかもね。

とりあえず長野でのワンショット!


中村僚 | FRIENDS | 20:16 | comments(4) | trackbacks(0)

CLIMBERZHIGH

2010.09.30 Thursday

フェロモンってどこから来るの?

 かなりお久しぶりの面々と会ってきたよ。
かれこれ7年の付き合いになるJAM-9のラッパーGiz'Moと、デビュー当初に取材を担当してくれてからずっと親しくさせてもらってる某メディアのS氏。→ドMだけど…

3人で会うのは初めてだったからなにやら最初は若干お堅い雰囲気。
JAM-9は最近メジャーデビューしてから鬼のスケジュールが続いているようでさすがにしんどそう。
今もキャンペーン中で飛び回っているらしく、いろいろと苦労話も聞かせてくれたよ。
来月発売の2ndシングルもお早くGET!

とはいえすぐに話は急展開。
振り返ってみれば話した内容の8割5分は2人の名誉の為ここでは書けないしょうもない話。
世間的に言う下ネタってやつが大多数を占めるという残念かつ最高の結果になりました。

敢えて1つ言うなら、女の子のワキってエロいよねって話。
女性諸君、昔から言うだろ脇が甘くちゃダメだって。
脇を閉めて、背筋を伸ばして生活しましょう。
でもたまには緩くてもいいかな…

わけわかんなくなってきたのでこの辺で。
多分季節の変わり目のせいだ。

中村僚 | FRIENDS | 15:11 | comments(1) | trackbacks(0)

CLIMBERZHIGH

2010.08.17 Tuesday

カブトムシ

 昼前に暑くてお目覚め。
窓を開けるとお日様が川に行け、川に行けとしつこく言ってきたので、地元の友人に無理矢理仕事を早退させて天竜川上流の阿多古川へ行ってきたよ。

だいぶ上の方までドライブして到着した場所は、天然の飛び込み台付き。
5m以上ある岩の上から滝つぼにダイブして大はしゃぎ。

釣りもしてはみたものの先週の大雨で魚が全然いない…
友達は岩の下に素手を突っ込んで手づかみで魚を捕まえてたけどね。

帰り道カブトムシに遭遇。
艶も型もなかなかでしょ!
それにしても久々にのんびりとした良い休日だったなぁ。


中村僚 | FRIENDS | 22:10 | comments(2) | trackbacks(0)

CLIMBERZHIGH

2010.05.29 Saturday

タコ

昨日は夜10時頃から浜名湖にタコ釣りへ。 
友人に教えられるまま半信半疑で糸を垂らすと、ものの10分で早くも2匹の釣果。
テンションが一気に上がったよ。

更に1時間ぐらいしてとうとう大物をGET!
大満足で撤収、そのままビールを買って祝勝会。
刺身に、焼きダコ、バターソテーとタコ三昧。
想像以上にめちゃくちゃ美味かった。

夜釣りに行くと、知らないおっちゃんたちとの交流もなかなか楽しいね。
あったかくなってきたし、時間があったらまた行きたいなぁ。
あんなに美味いなら次もタコがいいな。


続きを読む >>

中村僚 | FRIENDS | 14:14 | comments(6) | trackbacks(0)

CLIMBERZHIGH

2010.05.05 Wednesday

バーベキュー

5月3日、浜松市内は祭り一色。
朝から晩まで町中のいたるところでラッパと掛け声が響き渡り、ちょっとした路地にも法被姿の人たちを確認することができる。

そんな熱気と喧噪を離れ、天竜川支流の阿多古川上流へキャンプに行ってきたよ。
4月中は中途半端に冷え込む日が多くて、春らしからぬ厚着で過ごすことが多かったけど、この日は初夏を予感させるぐらいの晴天。
荷物の運搬やテントの設営をしているとTシャツ1枚なのに汗が吹き出してくる。
川に飛び込みたくなるところなんだけどそこはやっぱりまだ5月、水面に足をくぐらせると刺すように冷たい。

処理不能と思えるほどの大量の食料とアルコールにすぐにでも手を付けたくて、まずは早々に火起こし。
これが大好きなんだよね。
遡れば小学校低学年の頃に、じいちゃんの木工所の木屑を掃除して庭のドラム缶に放り込み、火を付けてもらうと、完全に鎮火するまでずっとただただ火を見ていたのをまだ鮮明に覚えてるよ。

よく考えてみると、火って当たり前に思えて何か信じられないような不思議な現象だよな。
空気と同じで触れないのに色があって、温度があって、自らの意思で躍動するように見える。
単純に見ているだけで全然飽きなくて、友人との会話もそっちのけでビールを片手にずっと炎を見てたな。
余計な感情を全て飲み込んで無に慣れる気がした。

現実世界から隔離されたような場所でたくさん笑って、ひたすら食べて飲んでほんとに有意義な2日間でした。
今年はまだまだキャンプしたいね。


中村僚 | FRIENDS | 17:02 | comments(3) | trackbacks(0)

CLIMBERZHIGH
Topics!
1stMaxiシングル『暁』好評発売中!
詳細はオフィシャルホームページへ。